発毛とは

発毛は育毛との違いがよく分からないという方がいるかもしれません。発毛というのは自分の髪が生えてくるようになることです。一方、育毛というのは現在すでに生えている髪の毛を育てることです。このように両者は別のことを示しています。この違いをきちんと理解しておきましょう。

毛根したがって、育毛剤というのはすでに生えている髪の毛を健康的に育てるためのものであり、一方、発毛剤というのは脱毛して髪の毛が生えていない頭皮から髪の毛が生えてくるようにするためのものです。発毛は毛母細胞に働きかけることによって、毛根から再び髪の毛が生えてくるようにしたものです。

髪の毛というのは毛母細胞が細胞分裂をすることによってどんどん伸びていくものなのです。毛根がまだ残っているならば、そこから細胞分裂によって髪の毛が成長していき、やがては皮膚の上に見えるようになります。これを促すために栄養を届けたり、血液循環を整えるのが発毛のやり方となるでしょう。

発毛はヘアサイクルを整えることが大切です。髪の毛というのはヘアサイクルを繰り返しながら生えてくるのです。このヘアサイクルが正常に進むようになっているならば、髪の毛はきちんと生えてきます。そのためにさまざまな治療法があるのです。